【PR】





今際の念仏誰も唱える


今際の念仏誰も唱える
いまわのねんぶつだれもとなえる

普段は不信心な人でも臨終の際には
念仏を唱えて仏にすがるということで、
それが人間のすることであり、みな弱い者だということ。
また、若くて元気な時に神や仏を信ずる者は少ないが、
年をとると信心するようになってくるということ。
「今際」は死に際のこと。
類義語、死にがけの念仏




                                                             | 神仏信仰 宗教 道徳
【PR】