【PR】





祈らずとても神や守らん


祈らずとても神や守らん
いのらずとてもかみやまもらん

神の加護を得るのは、祈りなどの形式は問題ではない。
行いが正しく心が敬虔(けいけん)であるならば、
自然に神に感応し、神助(しんじょ)が得られるとの意。
菅原 道真(すがわら の みちざね)の作といわれる
「心だに誠の道にかなひなば祈らずとても神や守らん」
という歌から。




                                                             | 神仏信仰 宗教 道徳
【PR】