【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 場所 > 一樹の陰一河の流れも他生の縁



一樹の陰一河の流れも他生の縁


一樹の陰一河の流れも他生の縁
いちじゅのかげいちがのながれもたしょうのえん

たまたま出会った知らない者と、同じ木の下で雨宿りしたり、
同じ川の水をすくって飲むことがある。
それらは、前世からの因縁によるものなのでおろそかにせず、
仲良くしたり親切にしたりすべきだという意味。
この世のことは前世からの浅からぬ因縁によるものだという
仏教の教えに基づくことば。
「他生」は「多生」とも書く。
同義語、一樹の陰も他生の縁
類義語、袖すり合うも他生の縁/
袖ふり合うも他生の縁/躓く石も縁の端




                                                             | 場所
【PR】