【PR】





安に居て危を思う


安に居て危を思う
あんにいてきをおもう

平穏な境遇にあって、安らかな暮らしをしていても、
万一の場合を念頭におき、危機が迫った時や
非常事態に対応出来るように備えておくべきだということ。
類義語、安きに危うきを忘れず/治に居て乱を忘れず




                                                             | 発想 思考
【PR】