【PR】





石に立つ矢


石に立つ矢
いしにたつや

心をこめて行えば、どんなことでも必ず出来るというたとえ。
漢の李広(りこう)が狩りに行き、草むらに眠っている虎をみつけた。
その虎をしとめようと心をこめて射ると矢は見事に突き刺さった。
だが、近付いてみると虎の形をした石であった。
李広は自身の腕前に驚いて、もう一度その石に向かって矢を放ってみたが、こんどは立たなかったという故事から。
類義語、一念天に通ず/精神一到何事が成らざらん
/念力岩をも通す




                                                             | 学問 努力 修行
【PR】