【PR】





余り茶に福あり


余り茶に福あり
あまりちゃにふくあり

「余り茶」とは、茶筒などに残った、使い残しのお茶っ葉の意で、
(転じて)余り物、人が残した物、落ちこぼれた物などのこと。
人が残した物に思わぬ幸福が潜んでいることから、
先を争って手を出すことは賢明ではないといういましめのことば。
また、遅れをとった者や最後になった者への慰めのことばでもある。
類義語、残り物に福がある 余り物に福がある




                                                             | 運が良い 幸福 果報
【PR】