【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 場所 > あだし野の露鳥辺山の煙



あだし野の露鳥辺山の煙


あだし野の露 鳥辺山の煙
あだしののつゆ とりべやまのけむり

人の命は短くて、人生の無常をたとえることば。
「あだし野」は、京都市嵯峨にあって昔は墓地だったところ。
「鳥辺山」は、同じく京都の東山にあって昔は火葬場であった。
露も煙も、はかなく消えることから人生の無常のたとえで、
あだし野の露は墓地におりたものであり、
鳥辺山の煙は火葬場にたちのぼるのを対比させたもの。




                                                             | 場所
【PR】