【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 場所 > 阿漕が浦に引く網



阿漕が浦に引く網


阿漕が浦に引く網
あこぎがうらにひくあみ

人知れず行う隠し事も、
回数が多くなると結局は人に知られてしまうというたとえ。
「阿漕が浦」は三重県津市にある海岸で、
伊勢神宮に供える魚をとる場所として禁猟区になっていた。
ある漁夫が、老母の難病に効くといわれた
矢柄(ヤガラ/からだが細長くウロコがない魚)欲しさに
夜ごと網をいれていた。
はじめのうちは見つからなかったが、
何度もとっていたため、ついには見つかって捕らえられ、
密漁の罪で簀巻きにされ沖に沈められたという伝説から。
度重なることで悪事が露見する、というたとえ。
また、「あこぎな商売」(図々しい方法でボロもうけを企むこと)や、
「あこぎな奴」(無慈悲で義理人情に欠けあくどいさま)などで言う
「あこぎ」の語源。
類義語、度重なれば顕わるる




                                                             | 場所
【PR】