【PR】





朝顔の花一時


朝顔の花一時
あさがおのはなひととき

人の世の栄華のはかないこと。
また、物事の盛りの時期がきわめて短いこと。
朝顔は朝咲いて、昼を待たずしてしぼんでしまうことから。
類義語、槿花一朝の夢(きんかいっちょうのゆめ)。
槿花一日の栄(きんかいちじつのえい)。




                                                             | 時間 速さ 歳月
【PR】