【PR】





商い三年


商い三年
あきないさんねん

商売は始めてから三年ぐらいたたないと、
利益を上げるようにはならない。
だからたとえ儲けがなくても三年は辛抱が必要ということ。
また、何事においてもすぐに成功するということは殆どないから、
諦めないでその仕事を続けていくべきであるということ。
類義語、石の上にも三年。顎振り三年。




                                                             | 時間 速さ 歳月
【PR】